新着情報

新型コロナウイルス感染症 2月のまとめ

内科担当、院長の髙木泰です。2月が終わったので、新型コロナ感染症に関して今年に入ってからの当施設データをまとめてみました。茨城県水戸市では、2022年1月中旬頃から第6波が始まりましたが、2022年1月1日から3月5日現在までで当施設の発熱外来では262症例の新型コロナPCR検査陽性者が確認されました。検査陽性率は全期間で42%(619検査で262人陽性)でしたが、2月の症例だけで計算すると陽性率は53%(311検査で164人陽性)と、コロナ禍で最も高い陽性率となりました。

ただし、3月に入った今週は、徐々にPCR陽性率が低下傾向にあります。なかなか出口が見えない新型コロナ感染症ですが、春の到来とともに新型コロナ感染症が収束に向かうことを切に願っています。