新着情報

循環器漢方研究会

川崎市武蔵小杉に「失神センター」が開設して2年半が経過しました。その間北は青森から南は沖縄まで合計約1500人の失神患者さんが当センターを受診されました。今回はその失神センターでの漢方の使用状況を実際の症例を交えてお話しさせていただきました。近隣の先生方に多数出席いただき、漢方専門医である村田先生の漢方講義もあり大変有意義な会となりました。改めて、今後の医療における漢方の重要性を感じた1日でした。出席された先生方、ツムラの方々に改めてお礼申し上げます。